猫と英語と後鼻漏

中学英語から独学で学び、現在、英検1級挑戦中。テキストの紹介や後鼻漏の話などをしています。読書や映画の話なども。

【読書】閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済/水野和夫著

閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済/水野和夫著

本書は2017年発行の資本主義の未来と、ポスト近代について書かれている。

目次

はじめに 「閉じてゆく」時代のために

第一章  「国民国家」では乗り越えられない「歴史の危機」

第二章  例外状況の日常化と近代の逆説

第三章  生き残るのは「閉じた帝国」

第四章  ゼロ金利国・日独の分岐点と中国の帝国化

第五章  「無限空間」の消滅がもたらす「新中世」

第六章  日本の決断ー近代システムとゆっくり手を切るために

おわりに 茶番劇を終わらせろ

前作の”資本主義の終焉と歴史の危機(2014発行)”を読んでから本書を読んだので、すんなりと内容を理解することができた。

著者は、資本主義と国民国家との両立は困難な時期にきており、その理由を本書の中で述べている。

前作と同様、利子率の歴史が重要と記している。

以下、本書から引用

”なにゆえ利子率の歴史が重要かといえば、長期金利は資本利潤率の近似値であるからです。利子率=利潤率が2.0%を下回った状態では、資本を投下しても利潤を獲得することはできません”

人件費を企業が削り続けている理由は「ここにあったんだ」と、この本を読んで納得した。

人件費を削ると、所得が下がって、納める税金も減って、消費も落ち、企業は儲からないのに、なんで人件費を下げ続けるのかと思っていた。

「人件費を安くしないと国際競争力がつかないから」とか、聞かされてきたけど、他の国と比べてみると日本のように賃金が下がり続けている国は珍しいみたいだし、賃金が下がり続けているからと言って、国際競争力がついている感じもしない。

「なんのために賃金を下げ続けているの?」と疑問に感じていたが、この本を読んで納得した。

利潤が確保できないから、それを補うために人件費を削ってるんだと疑問が解消された。

この本は中世から近代、近代からポスト近代へと経済と社会体制がどう変化してきたか、また変化していくのかということを書いている。

個人的な感想だけど、ポスト近代について書かれている内容はちょっと想像がつかない世界だった。

本書のタイトルにもある「閉じた帝国」というのが、ポスト近代の世界なんだけど、イメージがわかない。

まあ、帝国やら王国があった時代には、中小の国民国家が出来る世界の方がよっぽど想像出来なかっただろうけれども…

EUのように、ゆるやかな地域連合体を作るプロセスを経るらしい。

なぜ「閉じた帝国」がポスト近代の姿なのか本書に理由が書いてあり、納得できる部分も多い。

しかし、今の日本を含むアジア諸国の動き、アメリカの「覇権は誰にも渡さないぞ」的な世界大戦以降続く姿勢を見ていると、「そんな世界来るのかな?」という気持ちになる。

まあ、社会体制が変わるのに200年くらいかかるらしいし、何度もバックラッシュをおこしながら変わってゆくのだろう。

少なくとも、今の社会体制のままいったら、数十年前のように戦争が起きてもおかしくないと個人的に思っている。

金利と歴史の知識を得るだけでなく、頭の体操や、発想の転換という意味でも勉強になる本でした。

【読書】イラク 戦争と占領/酒井啓子著

イラク 戦争と占領/酒井啓子著/岩波新書

2004年に出版された本書は、タイトル通り2003年から始まったイラク戦争と、その後の連合軍(主にアメリカとイギリス)による占領の様子について書かれている。

目次

第一章 帰還

1 混乱と破壊の果てに

2 何もしないアメリカ人

3 亡命者たちの凱旋

第二章 フセイン、最後の戦い

1 アメリカ、戦争の太鼓を叩き始める

2 空中分解する国連

3 開戦

第三章 「アメリカの占領」の失敗

1 ポスト・フセイン体制の準備

2 戦後統治政策の混迷

3 「イラク人の主権」を目指して

第四章 宗教勢力の台頭

1 地域共同体に根付いた宗教勢力

2 若きムクタダの台頭

3 進行するイスラーム

終章 イラクはどこへ

1 戦闘の再開

2 歴史が語る教訓

 

イラク戦争後、イラク国内でテロ攻撃が頻発し、ISに根城にされるなどイラク国民が大変な目に遭ってきたことを知っている今、本書を読むと「戦争という手段はとってはいけない。その選択肢は捨てるんだ、ホワイトハウス!」と言う気持ちになる。

著者は米英によるイラク攻撃から約三ヶ月半後の7月に、イラク国内に足を踏み入れている。

電力不足に水不足、治安の悪化、略奪に誘拐に強姦。

イラクの都市機能も行政も戦争によって機能しなくなっているのに、占領軍はなにをしているのか」と苛立つイラク国民。

本書を読んでいると、戦争によって混沌の世界に陥った国民の苦しみを感じる

しかし、その一方でフセイン政権による独裁政治、監視社会が終わったことに喜ぶ人たちがいる。

イラクの復興が遅れたのはアメリカが”脱バアス党”を掲げ、優秀なテクノクラートを官僚機構から追放したことが原因とメディアでは言われている。

じゃあなぜアメリカは”脱バアス党”を掲げたのか、アメリカのイラク占領計画はなぜ上手くいかなかったのかを本書で説明している。

個人的に読んでいて気が重くなったのは、第二章の「フセイン、最後の戦い」である。

イラク戦争当時、「なんでアメリカはイラクに戦争を仕掛けるんだろう?」と不思議に感じていたことを覚えている。

建前なのか、本音なのかわからないが、アメリカは「フセイン大量破壊兵器を持っているからだ」という理由で始めた戦争。

結局、大量破壊兵器はなく、フセイン政権は倒れたが、テロが頻発し、自国の若者(米軍兵士)と、イラク国民に多数の犠牲を出した戦争。

この戦争で日本人外交官2名も殺害されている。

ブッシュ大統領(当時)は最後通告演説(2003年3月17日)を行い、3月20日の早朝、バグダードを爆撃する。

最初の爆撃はフセイン大統領とその側近を狙ったピンポイント攻撃だったが、アメリカの思惑通りにはいかなかった。

そして、本格的な爆撃と地上侵攻。

アメリカやイラク、その周辺の国にも様々な思惑を持った人がいただろうが、戦争を望んだ人は少数だったのではないかと私は思う。

欧米を中心に反戦デモが行われ戦争を止めようとした国民もいたが、為政者が「する」と決めたらただ震えて成り行きを見守るしかない現実に恐怖を感じた。

国連でのアメリカ対ヨーロッパの開戦をめぐる激論や、アメリカが起用していた亡命イラク人の存在、フセイン政権下でも国民の心の拠り所になっていたイスラム教の存在など、イラクイラク戦争について知りたい方にいい本だと思う。

【読書】物語 オーストラリアの歴史 多分化ミドルパワーの実験/竹田いさみ著

物語 オーストラリアの歴史 多分化ミドルパワーの実験/竹田いさみ著/中公新書

本書は2000年に出版され、主にオーストラリア政治について書かれている。

この本を読んだきっかけはオーストラリアといえば「コアラ、カンガルー、エアーズロック」しか思い浮かばない自分の知識を増やしたかったから。

いざ読み始めてみると、内容も面白いが文章が読みやすくてストレスなく読めた。

アジア地域の中で白人主体のそれほど大きくない国であるオーストラリアが、いかに自国の利益を確保するために努力を重ねているか、この本を読んで学ぶことが出来た。

本書の構成

第一章 揺れる自画像とアイデンティティ

第二章 理想社会の建設ー白豪主義とアジア系労働者問題

第三章 ヨーロッパの世界分割競争に翻弄されるー英帝国の敵

第四章 対外脅威と安全保障ー日本問題の登場

第五章 大国政治への関与と挫折ー国連外交と冷戦の戦士

第六章 多分化ミドルパワーの国家像ーベンチャー型中企業国家への模索

本書を読んで白豪主義レイシズムからきたものではなく、安い賃金で働くアジア系の労働者によって仕事を取られる、または労働条件が悪くなる(安い報酬になるとか)という、切実な問題に対処するために、生まれてきたことを知った。

1901年にオーストラリア連邦が成立し、第一回連邦議会で可決されたのが移住制限法というから、本当に喫緊の問題だったのだろう。

もちろんこの法律に反対する人はいたが、人権的見地から反対したのではなく、資本家が安い労働力を確保できなくなるということから反対していたようだ。

この白豪主義を採用していた国が、どうやってアジア系移民が多数暮らす多分化社会になったのかを、本書は詳しく書いている。

第四章では、世界大戦と対外脅威(特に日本)に直面し、オーストラリアがイギリスの政策に翻弄されつつも、自国の安全保障を模索していく経緯が書いている。

恥ずかしながら本書を読むまで、日本軍が1942年にオーストラリアを空襲したり、潜水艦で攻撃を仕掛けたことを知らなかった。

(もちろんオーストラリアを含む連合軍と戦争していたことは知っていたが、オーストラリア本土に攻撃を仕掛けにいったことは知らなかった)

この本土に対する攻撃がきっかけ(他にもシンガポール陥落もあったが)で、「英帝国はもはやオーストラリアを守れぬ」という事実を突きつけられ、対米同盟関係を求めるようになる。

最後に本書を読んで「外交っていうのは話し合いだけではなく、実力行使も必要なんだ」と感じたのが、ボート・ピープルのはなし。

ボート・ピープルとはベトナム戦争で難民になった人が、小舟に乗って、近隣諸国にたどり着いたひとたちのこと。

ボートが漂着したのは、近隣のタイ、マレーシア、フィリピン、シンガポールインドネシアであった。

難民問題を抱えたASEAN諸国は、オーストラリアに難民の受け入れを求めた。

オーストラリアはチャーター機を用意し、難民キャンプからベトナム難民を引き取ったが、難民を選別(本書の言葉を借りれば”優秀な難民”)し連れ帰ったことから、ASEAN諸国はオーストラリアを非難した。

対抗措置としてASEAN諸国は、英語が話せない、高い教育を受けていない難民を選別し、ボートに乗せてオーストラリアに送り込むという行動に出た。

オーストラリアが積極的に難民を受け入れることで、このASEAN諸国によるボート・ピープルの送り込みは止んだ。

ベトナム難民を中心としたインドシナ人がオーストラリアに住むようになり、またアジアの経済成長の時期にも重なりオーストラリアは、アジアを重視していくようになる。


この本を読むことで、オーストラリア政治の歴史について知ることができたし、外国から日本を見ることで日本の近代史も(少しだが)知ることが出来た。

【雑感】新型コロナウィルス変異株の呼び方

新型コロナウィルス変異株の名前

新型コロナウィルスの変異株について、いつのまにかイギリス型や、インド型と呼ばずアルファとかデルタとかに変わってて、覚えられなくて困っていた。

そんな時、AFPBB Newsさんの分かりやすい記事を見つけた。

とりあえず、イギリス型はアルファで、インド型はデルタと呼ぶことを知る。

これからも次々と名前が増えていくのだろう。

覚えるのも大変だ。


リンク先:AFPBB Newsさんの記事

www.afpbb.com

【好きないぬ漫画】羊の国のラブラドールE日記ヤング!!/ニュージーランドから羊の国のラブラドール絵日記シニア  マーティンゆう著

羊の国のラブラドールE日記ヤング!! クロエとエビスの日常/マーティンゆう著

ニュージーランドから羊の国のラブラドール絵日記シニア/マーティンゆう著

ずっと著者のブログのファンで、本が出たということで購入し読む。
(羊の国のラブラドールE日記ヤング!!は数年前に購入済)

有名なブログなのでご存じの方も多いと思うが、著者はニュージランドに住み、今は犬、猫、羊、にわとり、カモと暮らしている。

本書は自然豊かなニュージーランドで暮らすラブラドールのクロエちゃんとエビスくんとゆうさんの日常を漫画にされている。

背中のくせ毛がかわいいしっかりものだけど、ママ(著者のゆうさん)と二人っきりの時は、メルヘンになるクロエちゃん。

母ちゃん(著者のゆうさん)大好き、トイレットペーパーの芯とふきんが大好き、朝の早いエビスくん。

体育会系のゆうさんと、クロエちゃんに散歩を断られる自称犬たちのリーダー:コアラ師匠(ゆうさんの元夫)。

二人と二頭の宝物のような日常を漫画にしていて、読んでいると幸せな気持ちになる本。

 

 お別れの話を読むと胸が張り裂けそうになるくらい辛くなるんだけど、この悲しみはなんだろうと考えてみた。

著者のゆうさんの心情を想って悲しくなっているのではなく、自分自身がクロエちゃんとエビスくんとの別れが辛すぎて泣いていることに気付く。

一度も会ったことのないワンちゃんたちを想って泣く自分に驚いたが、ブログでクロエちゃんとエビスくんのことを描いた漫画や、写真を見ていたので、自分の中で存在が大きくなっていたのだろう。


漫画の内容は【ニュージーランドから羊の国のラブラドール絵日記シニア】の方は、出会いからお別れまで描いている。シニア時代のことだけでなく、子犬時代やヤング時代のことも描いている。後半はシニア時代の話と、お別れの話。

【羊の国のラブラドールE日記ヤング!!クロエとエビスの日常】の方は、ヤング真っ盛りのクロエちゃんとエビスくんのことが描かれている。

ちょっと普通の漫画本に比べるとページ数が少ないが、クロエちゃんの笑顔の写真がとてもいい!!

著者のブログ:羊の国のラブラドール絵日記シニア!!へのリンク

chloebisu.com

 

【好きないぬ漫画】ハルとソラとのミニチュアな日々 新装版/たかはしみき著

ハルとソラとのミニチュアな日々 新装版/たかはしみき

著者は”こげぱん”で有名なイラストレーターのたかはしみきさん。

10年くらい前に、この漫画を読んで「ハルたんかわいい。ソラちゃん…(涙)」と記憶に残っていて、もう一度読みたいと思っていた。

アマゾンで探したら電子書籍で出ていたので、迷わず購入し再読。

やっぱり「ハルたんかわいい。ソラちゃん…(涙)」となるのだが、何度読んでもほのぼのとした気持ちにさせてくれる漫画。

ハルたん、ソラちゃんがかわいくて癒やされるのはもちろんだが、子犬時代のハルたんがお父さんを籠絡する描写や、著者であるたかはしさんのお母さんが「もう1頭どうしても家族に迎えたい」と言い、反対するみなを説得する話などおもしろい。

新装版ではハルたんとのお別れのシーンが載っていた。

「最後まで大好きなお父さんと一緒にいられてよかったね」と読んだ後、心が暖かくなった。

ハルたんとの出会いは、たかはしさんのお母さんが仕事先の人から「貰い手が見つからなければ保健所に…」と言われ連れ帰ってきたという話だが、自分の身近にも同じケースが複数ある。

引き取った人みんな「保健所→もし貰い手がつかなかったら…→最悪な結果に!!!」と考え、自分が引き取ったらしい。

世の中、優しい人が多いね。

【読書】満洲国 砂上の楼閣「満洲国」に抱いた野望/川村 湊著【満洲国】

満洲国 砂上の楼閣「満洲国」に抱いた野望(FOR BEGINNERS)/川村 湊著 イラストレーション:辻下浩二

この本はタイトル通り、満洲国について初心者向けに書かれている本。

本書を読んだ理由は”自民党と戦後史”を読んで、”満洲人脈”と岸内閣が強い絆で繋がっている印象を受けたから。

岸自身が、満洲国の産業部次長を務めた官僚だったから、”満洲人脈”と深いつながりがあるのは自然なことなのだろう。


自分が”満洲”という存在を初めて知ったのは子供時代のテレビ番組でだった。

満洲で孤児になった人たちが、日本に来て自分の肉親を探したり、親兄弟と再会して号泣しながら抱き合う姿にショックを受けた。

子供だったから情緒が育ってなくて「お母さんと再会できたんだね。良かった」みたいな感情はなく、「中国人は戦争した相手の子供を引き取って育てたのか!」とびっくりしたのだ。

大人になって物事を知って、”満洲孤児”と言われる人たちの苦労を想像したり、自分が日本人ということを知らずに中国で生きている人もいるのだろうと考えたりしている。

本書を読んだあと、ネットで”満洲孤児”と検索したら、日本に帰ってきた人たちの話が記事になっていた。

どれも重い話で、読んでいると泣けてくる。

本書の構成

Ⅰ 「満洲国」の成り立ち

Ⅱ 日本にとって「満洲」とは何だったのか

Ⅲ 満洲国の政治と経済

Ⅳ 満洲国の開拓

Ⅴ 満洲国の生活

Ⅵ 満洲国の文化

Ⅶ その後の満洲

Ⅷ 戦後日本と「満洲国」

表紙に”FOR BEGINNERS”と大きく書いてある通り、満洲のことをあまり知らない人向けの本だと思う。

ひとつのテーマに深く掘り下げているのではなく、満洲に関する知識を(浅いけれども)幅広く与えてくれる本。

自分が庶民階層だから、興味深く読んだのは”満洲開拓移民”のはなし。

国策の”満洲開拓移民募集”の呼びかけに応じ、集団で満洲に移民した人たちは未開の地を開拓するつもりで行ったが、現地に着くとすでに開墾された畑と家をあてがわれることが多かったらしい。

これも、国が”満洲拓殖公社”という官製の会社を作り、現地の中国人農民から土地を買い上げ、そこを日本人移民に斡旋していたようだ。

満洲開拓移民としてきた日本人たちは、自分の畑(しかも開墾された土地)を所有できることに喜んだそうだ。

しかし、それまで自分たちが住んでいた家や、耕していた畑を安い金額で無理矢理買収された中国人農民たちは、大変だったみたいだ。

家財道具を荷車にのせて家族とともに、村を出て行かなければいけないケースもあったらしい。

あるいは、そのまま村に残ることが出来ても、小作人になって日本人地主のもとで農業に従事したと本書に書いてある。

こうゆうやり方の「満洲開拓移民」だったので、満洲国の崩壊後、多くの開拓村が悲惨な目にあったそうだ。

現地の人の土地を奪わず、日本人自ら開墾した村では、襲撃されなかったり、現地の人が匿ってくれたという事例もある。


この本を読んで一番驚いたのは「満洲国」っていう国をつくっておいて「国籍法」がなかったことだ。

満洲に住んでいた日本人たちは、日本国籍を捨て、満洲国籍を取ることを可能にする法律を成立させることに躊躇していたようだ。

(日本は二重国籍を認めてないから、国籍法を作り、満洲国民になるために帰化しないといけない)


”Ⅶ その後の満洲国”と”Ⅷ 戦後日本と「満洲国」”に満洲国崩壊後に満洲開拓移民を含む移民たちが経験した内容が書かれている。

敗戦と満洲国崩壊を知った人々は避難のため鉄道駅に向かうが、列車は払底し避難することができなかった。

国境に近い開拓民たちはもっと悲惨で男手がない(”根こそぎ動員”で徴発されていた)開拓村は、女性、子供、老人、けが人や病人しかおらず、情報も乏しい中、逃避行を始める。

この逃避行の途中で、捨て子や迷子や孤児になった子供たちが中国残留孤児になる場合が多かった。


俳優の宝田 明さんが日本記者クラブ満洲からの引き上げなどの話をされていたので、動画をリンクしておく。(宝田さんのお兄さんの話がとても悲しい)

リンク先:YouTubeの日本記者クラブさんの公式チャンネル

www.youtube.com